メインコンテンツにスキップする

犬の健康

犬の下痢・便秘「便の調子が悪い」

 

 

 

散歩中のトイレの時間やトイレシーツを交換する際など、飼い主さんは愛犬の便の変化に敏感です。

 

だからこそ、愛犬の便がの調子が悪い状況が続いてしまうと、不安になってしまいます。

 

腸は自律神経や消化に関わる臓器器官、感染症などと密接に関係しています。

 

便の状態は愛犬の健康状態を確認する重要なバロメーターです。

 

便秘や下痢など愛犬の便の調子が悪い時は、胃や腸をはじめ、全身に何らかの異常が起きていることが考えられます。

 

 

言葉で不調を訴えられない愛犬の健康を守れるのは飼い主さんだけです。

 

 

胃腸の健康が、全身の健康につながっているのは、ヒトも犬も同じです。

 

では、健康な犬の便とはどのようなものでしょうか。

 

①ティッシュでつまんでも崩れない硬さ
②茶褐色・黒っぽい茶色・濃い黄土色などの茶系統の色
③臭いけれどもきつくなく、酸っぱくない臭い

 

個体差はありますが、上記3点に当てはまる便が出ている場合は、腸内環境が良好で、健康です。

 

上記の健康な状態に当てはまらず、一日の食事回数よりも排便回数が少ない便秘状態であったり、消化吸収不良で下痢をしてしまっている愛犬は、腸内環境や全身の菌のバランスが崩れている可能性が考えられます。

 

愛犬の下痢、便秘などの日常的なケアとしては、適度な運動をしつつ、ストレスのない状態で心身の健康を保つことが大切です。

 

また、

 

食物繊維を取り入れた食事や、犬用健康ケア商品「チェスくんのはみがき」を取り入れた腸活(菌活)を行うことも理想的です。

 

 

 

腸活・菌活(バクテリアセラピ)ーとは?

 

「バクテリアセラピー」(学術名: Bacterio-therapy)とは、体内の菌のバランスを整えることにより、病気の治療や予防を行うという医療技術です。

 

乳酸菌を摂り入れることで健康を目指す活動「腸活」や「菌活という言葉で一般的に浸透しています。

 

優れた乳酸菌、善玉菌(プロバイオティクス)によって、体内に存在する善玉菌と悪玉菌のバランスをコントロールする世界最先端の予防医療技術として注目を集め始めています。

 

プロバイオティクスに加え、善玉菌のエサとなる食物繊維など(プレバイオティクス)を食事の中に摂り入れることで、一層効果が高まります。

 

「チェスくんのはみがき」には、腸内環境や体内の菌のバランスを整える生きた乳酸菌「L.ロイテリ菌(DSM17938、ATCC PTA 5289)」が配合されています。

 

いつも与えている水やドッグフードに5滴垂らしたり、直接舐めさせることで、愛犬の腸内・体内の菌のバランスを整える効果があります。

 

「チェスくんのはみがき」で愛犬の腸内環境を整え、愛犬の健康を守りましょう。 

 

 

プロバイオティクスとは?

生きて腸まで届く優れた微生物(善玉菌)のことで、乳酸菌であるロイテリ菌やビフィズス菌などが該当します。

 

プレバイオティクスとは?

善玉菌のエサとなる成分で、プロバイオティクスの働きを助けます。
オリゴ糖類や食物繊維などが該当します。