メインコンテンツにスキップする

犬の健康

犬の歯周病による「口臭」

 

 

 

犬のかかる病気のなかでもっとも多いものが、「歯・口内に関する病気」だという事実をご存知ですか?

 

犬の口臭の原因のほとんどは犬の歯周病です。

 

歯・口内に関する病気の中でも、大人の犬のほとんどが罹患していると言われる「歯周病」。

 

口臭の原因に留まらず、腎臓病、心臓病、鼻炎や他の呼吸器感染症の原因にもなるため、予防・治療が重要な病気です。

 

歯周病の主な原因は、放置された歯石です。

 

歯石は、病気と定義付けられているものではありませんが、実質的には悪い細菌の集合体である歯垢(プラーク)が固まって形成される歯石が、ほとんどの歯の病気の原因となります。

 

歯に歯石が付着しているという事は、悪い細菌が常に口内にいることと同じですので、口内や歯は、常に危険にさらされている状態になってしまいます。

 

放置され、固まった歯石により圧迫された歯肉から細菌が入り、炎症を起こす症状を「歯肉炎」、そこからさらに炎症が進行し、歯を支える歯槽骨(歯を支えている顎の骨)が破壊される症状を「歯周炎(歯槽膿漏)」といいます。

 

「歯肉炎」と「歯周炎」の総称が「歯周病」であり、犬の歯の病気の中で最も多く見られるものです。

 

歯周病が進行すると、歯が抜け落ちたり、下顎が骨折してしまうことがあります。

 

また、炎症部分の粘膜から血管に悪い細菌が入り、腎臓病、心臓病、鼻炎や他の呼吸器感染症に罹患する引き金になることもあります。

 

これらの病気は、病状の進行状況によっては死に至る危険性も十分にあり、若い犬であっても完治は難しいとされる難病です。

 

歯周病の原因には、与える食事内容ではなく、通常から犬の口の中にいる細菌の種類が関係しています。

 

 

歯周病の原因となる悪い菌をもつ犬には、はみがきをしても、何を食べても、歯周病の危険がつきまといます。

 

歯周病の原因となる悪い菌を持たない犬は、歯磨きをしなくても、何を食べても口の中は綺麗なままです。

 

歯周病の予防には、はみがきと共に、犬の口の中に良い菌を増やすことが大切です。

 

そこでご提案したいのが、ブラッシングケアと共に使用していただきたい口腔内ケア商品「チェスくんのはみがき」です。

 

 

チェスくんのはみがきには、歯周病菌の増殖を抑える生きた乳酸菌「L.ロイテリ菌(DSM17938、ATCC PTA 5289)」が配合されています。

 

 

いつも与えている水やドッグフードに5滴垂らしたり、直接舐めさせることで、愛犬の体内の菌のバランスを整え、歯周病を予防する効果があります。

 

「チェスくんのはみがき」を毎日使用し、歯石の付着や歯周病を予防し、愛犬の健康を守りましょう。